自分で設置したがうまくいかなかった場合

電波をきちんとキャッチできているか確認して固定しよう!

アンテナを設置するには電波をきちんとキャッチできているかが問題になります。目に見えない分、どの方角から電波をキャッチできるかをまずは調べる必要があるのです。機器とアンテナを接続すると電波状況を数値で確認できるので適切な向きや高さを発見するのに役立ちます。場所が決まれば固定するだけですが、室内で固定するには専用のスタンドや固定器具などを用いるとより確実に固定できますが、外へ設置する場合はその場所からずれないように強固な固定が必要になります。雨風に負けないよう壁に釘やネジなどでしっかりと固定しましょう。万が一ずれてしまったとしてもその場所がすぐに特定できるようマーカーなどで目印を付けておくのも良い対策です。

電波を見つけるのが大変なときは

アンテナを設置するには電波状況を見るのが大切です。ただ、一人で設置している時にテレビに表示されている数値を見に行けないというケースもありえます。そういうときは無理せずに家族や友人を頼るなどして設置しましょう。また、電波のつかみが悪いときはアンテナ自体を別のものに変えてみたり、接続をし直すなど思いつく限りのことを試してみましょう。ただ、それでも解決できない場合があります。そういった場合は、専門の業者やアンテナを購入した店へ質問してみると良いでしょう。アンテナの設置を有料で代行してくれたり商品の交換をしてくれるなどの対応が期待できます。アンテナの設置には電気機器への知識が必要なこともあるので業者は頼りになるはずです。

© Copyright Buying Antenna. All Rights Reserved.