自分で設置するときの注意点

屋根の上に設置をするときは安全対策を取る

地上デジタル放送を受信するとき、地上波から受ける方法を取るならアンテナの取り付けが必要になります。地上波はその地域にある電波塔から電波が送られてきますが、自宅とその電波塔の間にはいろいろな障害があるでしょう。できるだけ傷害の影響を受けないためには、より高いところにアンテナを設置するのが良いと言えます。一般的な住宅なら屋根の上に設置すれば受信できる可能性が高いです。本来は屋根の上の設置は業者に依頼すべきですが、自分で設置しようとする人もいます。安全対策をきちんととるようにし、万が一がないようにしなければいけないでしょう。瓦屋根は滑りやすいところもあるので、滑りにくい靴などを利用して作業をしましょう。

アンテナの向きが正しいかどうかを確認

ケーブルテレビはケーブルの中を受信データが通ってきます。ケーブルさえ接続すればきれいに放送を視聴できます。しかしアンテナを通じて受信するときは、まずアンテナを設置してそのアンテナからケーブルを経て受信データが送られます。アンテナがきちんと受信できなければテレビを楽しめません。自分でアンテナを設置するとき、どちらの方角や角度に設置するかを確認しましょう。地デジのアンテナは方角が重要で、電波塔に向けて設置します。衛星放送のアンテナは上空の衛星から受信をします。衛星の角度があるので、その角度になるように設置をします。一人で設置するのではなく、チェックする人をパートナーにして作業をしましょう。きれいに映っている方角で固定します。

© Copyright Buying Antenna. All Rights Reserved.